環境への取り組み

環境に対する取り組み活動

グローバル化による真の国際競争力が求められる今日、事業活動を行う上での、地球環境への配慮する視点が不可欠です。
株式会社フジコー本社及び本社工場において、繊維業界ではいち早く、環境の国際標準規格であるISO 14001を認証取得し、継続的改善活動を図っております。

省エネについては、本社工場において、コージェネレーションの導入等設備的努力と、製造工程の見直しなどの合理化により温暖化ガス量(生産原単位)は10年前の約55%程度にまで減少しています。
また、当社の特徴である「環境に配慮した製品開発」をさらに積極的に進めると共に、近年、世界的に厳しくなっている環境負荷の高い化学物質の適正管理(使用しない、混入させない等)に重点をおいて、地球環境と人々の暮らしに貢献する企業をめざして、日夜努力を積み重ねていきます。
フジコーの環境活動に関する主な動き
1995年 重油ボイラーを都市ガスボイラーに切替え
1998年3月 IS014001認証取得し、環境管理システムの導入・運用開始
1998年8月 コージェネレーションシステムを導入
2002年1月 本社工場における焼却炉を運転停止
2009年3月 深圳工場にてISO14001認証取得
2015年7月 自然エネルギー発電電力の購入を開始

温暖化ガス排出量と原単位(本社工場)
トップページ > CSR > 環境への取り組み
ページの先頭へ戻る