株主・投資家の皆様へ

トップメッセージ

株主ならびに投資家の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
また平素は格別のご高配を賜わり厚く御礼申し上げます。

当連結会計年度におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和等により輸出企業を中心とした企業業績の回復や雇用環境の改善が続く中、緩やかな回復基調で推移しました。
しかしながら、年度後半に入り、中国経済の減速懸念や米国の利上げの影響等により、先行きは不透明な状況が増しております。
このような状況のもと、当社グループとしましては、如何なる環境変化にも対応して持続的発展を遂げられるよう、全力を使って付加価値を創出する、を基本方針に、品質の向上、原価低減、人材の適正配置を運営方針に掲げ、全社一丸となってその実践にあたってまいりました。
新分野の開拓や新製品の開発はもとより生産体制等の整備を図り、独自性のある製品やコスト競争力のある製品を提供してまいりました。なかでも、新製品の遮光マットは、東北の震災のがれき処分場向けに販売が好調でした。また、平成28年3月に、タイにSANWAFELT(THAILAND)CO.,LTD(非連結子会社)を設立し、海外の事業展開の基盤強化を図ってまいりました。
一方、当社が保有する事業用資産のうち、石岡工場の自動車資材製造ライン等一部の資産グループの有形固定資産に減損の兆候が見られたため、将来キャッシュ・フローを検討した結果、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき帳簿価額を回収可能価額まで減損いたしました。
これらの結果、当連結会計年度における業績につきましては、下記の通りであります。

■平成28年3月期の連結業績 (平成27年4月1日〜平成28年3月31日)
項  目 平成28年3月期(66期)実績 平成27年3月期(65期) 前年比較
売 上 高   97億9百万円   93億91百万円 前連結会計年度比+3億18百万円
営業利益      ▲28百万円     ▲1億5百万円 前連結会計年度比+77百万円
経常利益      ▲15百万円      81百万円 前連結会計年度比▲96百万円
当期純利益       ▲2億19百万円       12百万円 前連結会計年度比▲2億31百万円

今後のわが国の経済見通しにつきましては、為替相場の乱高下や中国をはじめとする新興国経済の減速懸念など引き続き予断を許さない経営環境で推移するものと思われます。
このような環境のもと、当社グループとしましては、引き続き全力を使って付加価値を創出し、社会に貢献する事業運営を経営の基本として、高品質・高機能の不織布・フェルトの技術開発を推進し、お客さま満足度を向上させてまいります。
なお、今後とも収益力の改善対策として、一段の生産体制の効率化や、新製品の開発によりコスト競争力の強化をはかり、企業価値の向上につとめてまいります。
海外関係につきましては、グローバルな運営体制のもと、アジア、欧州、米国などで環境・エネルギー資材や工業資材を中心に積極的な事業展開を図るとともに、活動基盤を拡大し、より強固な事業基盤を構築し、海外売上高比率の向上を目指してまいります。

株主ならびに投資家の皆様におかれましては引き続き一層のご指導、ご支援を賜わりますようお願い申し上げます。
平成28年6月吉日
株式会社 フジコー
代表取締役社長 野添誉之
トップページ > IR情報 > 株主・投資家の皆様へ
ページの先頭へ戻る